おすすめ!車の高額買取テクニック

車の個人間売買と不具合発見時の金額請求

車の売却を行う手段の1つに、個人売買があります。その手段の場合は、やはり売却額の高さがメリットと言えるでしょう。
車の買取店の場合は、手軽ではあります。しかし肝心の買い取り額はちょっと低くなる可能性が大なのですね。少しでも高く売りたいと考えているのであれば、やはり個人売買が一番だとは思います。

 

修理歴には気をつけなければならない車の個人売買

しかし個人で売却をする際には、ちょっと修理に関して注意しておくべき点があります。
というのも車の不具合などが発覚した時に、非常に面倒なことになる可能性があるからです。

 

例えばAさんという方がBさんに対して、車の個人売買を行ったとしましょう。そしてBさんが、その車の不具合を見つけてしまったとします。そのような時には、ちょっとAさんに対してクレームが行ってしまう事がある訳ですね。その際に、金銭的な問題が発生する事があるのです。

 

修理代金の負担が発生してしまう事がある個人間売買

Bさんとしては、もちろんその車を修理したくなるでしょう。しかし修理を行うにしても、もちろんお金がかかりますね。車の修理代金というのはそこそこまとまった金額で、数十万円程度かかってしまう場合があります。

 

そしてBさんは、Aさんに対してその修理代金を請求できる権利があるのです。個人間売買では、契約書が交わされるケースも多いです。その契約書にて、上記の修理代金の負担に関することが言及されているケースがしばしばあります。
という事はAさんはBさんに対して車を売る際に、不具合などは正直に伝える必要がある訳ですね。そうでないと突然の修理代金の請求が来てしまう可能性があるからです。

 

不具合発見時にトラブルが発生する可能性があるのが、個人間売買の怖い一面と言えるでしょう。

車の走行距離と買取り金額には、相互に大きな関係があります。当然の事ながら、距離が長くなれば売却額も厳しくなる傾向がありますね。10万キロ超えると、売却額が厳しくなるという意見が一般的です。

 

走行距離と平均売却額との具体的な関係

 

では具体的な数字で見てみるとどのような状況なのかというと、次のようなデータがあります。63万円前後と38万円前後と24万円前後です。
この3つの数字が何を示すかというと、特定の走行距離に対応した車の買取額の平均値ですね。63万という数字は、走行距離が25,000キロ以下の車に対するものです。そして38万円は26,000キロから5万キロの車の平均額であって、24万は51,000キロから75,000キロに対するものです。
ご覧の通り走行距離が長くなれば、その分車の買取額が下がっているのがお分かりかと思います。25,000キロと75,000キロは車を比べれば、実に2倍以上もの差がありますね。
更に76,000キロから10万キロの場合は平均14万円前後で、10万1,000キロから125,000キロは85,000円前後という状況だそうです。ですので距離が長ければ、車の買取額は厳しくなるという話はほぼ間違いないでしょう。

 

ハイエース 査定

 

15万キロを超えると下落の程度が小さめに

 

そして1つ興味深いデータもあって、126,000キロを超えるとちょっと底打ちになってくるのです。例えば126,000キロから15万キロの場合は、平均的には67,000円前後という状況です。更に15万1,000kmから20万キロの場合は、65,000円前後が平均値だそうです。つまり126,000キロ以上の車の場合は、それほど大きく下落はしない訳ですね。
結局のところ、2万5,000キロと5万キロが車の売却額の大幅下落のボーダーラインと推理できるでしょう。2万キロ台の車などをお持ちの場合は、極力早めに売却する方が良いかもしれませんね。

続きを読む≫ 2015/01/22 17:47:22

車買取の業者を選別する基準の1つは、再査定があるか否かです。それがある業者の場合は、買取り金額が大きく下がってしまう事があるからです。
ある時に車の査定を受けて、例えば30万円などと伝えられたとしましょう。その金額に満足をしたので、車を売ると決めたとします。ところが数日後にその業者から電話がかかってきて、20万円台や10万円台などに下がってしまう事があるのです。再査定が行われているような業者ですと、そのような事はたまにあるようですね。

 

再査定は発生しない大田区の買取業者

 

ところで大田区には、ウイナーグループという業者があります。非常に幅広い車を買い取っている業者なのですが、そのお店の場合は再査定は問題ないかと思います。
ウイナーグループの場合は、支払いのスピードがとても早いですね。車を見てもらったその日の内に支払ってくれる業者なので、2段階での査定が行われる事はありません。提示金額の通りですので、安心して車を見てもらう事ができるでしょう。
セルシオ 買い取り

 

別の業者で再査定になった方の事例

 

ところでそのウイナーグループという業者で査定を受けている方の中には、二重査定を経験した方もいらっしゃるようです。ある方の場合は、ある大手の買い取り業者で車の査定を受けていたようですね。その業者による買取額はとても高かったので、満足していたそうです。
ところが数日後にその業者から電話があり、何と数十万円も下がってしまったそうです。その方は、その業者に対する売却をお断りしたようですね。
そして更に数日後に、今度はウイナーグループで車の査定を依頼しました。そこでは、直ちに査定金額を支払ってくれたようですね。信頼ができると感じたので、その方はウイナーグループで売却をしたようです。
このような事例もあるので、ウイナーグループの場合は安心して車を見てもらう事ができると思います。

続きを読む≫ 2015/01/22 16:41:22